怠惰系エンジニアのメモ帳

勉強した内容をメモしていきます。解説ブログではないので悪しからず。

Ruby触ってみた所感とか

ここ2週間程、Rubyを触っていました。
ある程度Rubyの基礎的な部分は知ることができたので、その所感とか書いてみます。 (見返してみるとメチャクチャ浅い感想...)

きっかけ

最近Wantedlyに登録して企業情報を眺めたりしてるんですが、Ruby(Rails)の求人が多いように見受けられました。
「やっぱり世間的にはRailsなのか…」と思い、視野を広げる目的でRubyを触ってみた次第です。(学生時代もRubyは触ろうとしなかったんですよねぇ…)

Rubyを触ってみて

率直な感想としては 普通に楽しかったです。(語彙力)

新しいこと覚えるのって楽しいですね、単純に。
糖衣構文が多く「如何に開発者が楽にコードが書けるか」という点を重視しているように感じました。
特に制御構文周りは種類が豊富で、色々便利そうだなという感じ。

触っててチョット分からない部分もあるので、もう少し調べてみようと思います。

Railsに関しては「rails new」しただけなので何とも言えませんが、 確かにスピードが速い開発ができそうな気がします。 (ファイルやらディレクトリがゴリゴリ作成されてビビリました。凄い。)

ただやっぱり型が欲しい...。